メコリヤ美容鍼 ツボ解説 球後

【美容鍼のツボ】球後(きゅうご) 〜 気になる目の下のたるみに

 

今回のメコリヤ美容鍼のツボ解説は、実際には殆ど鍼を打たないツボ

球後穴

です。

 

球後(きゅうご)

奇穴といって、十二経絡に属していないツボです。

 

球後穴の場所

瞳の真下で眼窩の縁にあるのが承泣穴です。
この承泣穴と目尻の縁との真ん中にあるのが球後穴になります。

メコリヤ美容鍼 ツボ解説 球後

眼窩の縁で、すこし凹んで触れる場所にあります。

 

球後穴の効能

眼精疲労、疲れ目などの目の疾患、顔面神経麻痺、三叉神経痛など、承泣穴に準じて使われます。

ただ、非常にデリケートな場所なので、使い易いとは言えないと思います。

 

球後穴の美容鍼

使いにくいと言いましたが、美容鍼としての球後穴は、かなり有効なツボです。

目の下のたるみやクマなどに効果的です。

 

でも、ご紹介しておいて何ですが、私はこの球後穴に直接鍼を刺す事はありません。

やはり、皮膚が薄く、内出血の危険が高い場所で、非常に腫れ易いので使い辛いのです。

 

しかし、美容鍼としての効能は素晴らしいので、工夫して使っています。

具体的には、球後穴から皮膚を引いて行き、瞳子髎穴太陽穴に鍼をしています。

これで十分に目の下のトラブルに効いてくれます。

 

まとめ

鍼だけでなく、顔面部のマッサージや指圧などでも、押圧の強さには気を付けた方が良いツボです。

セルフマッサージなどの時にも、十分に気を付けて行なって下さい。

 

さて、麻布十番メコリヤでは、美容鍼コースのご予約もお待ちしております。

ご興味のある方は、どうかお気軽にご相談下さいませ。